Aki's Daily Life

Aki's Daily Lifeでは、副業、生き物の飼い方、メリット、デメリット紹介など幅広いジャンルのことをご紹介しています。

未分類

【初心者必見】熱帯魚の飼い方からおすすめの熱帯魚まで解説します

投稿日:2020年8月14日 更新日:

                                             

         熱帯魚の飼い方が知りたい方へ。
「熱帯魚飼いたいけど何揃えればいいか分からないし、飼うの難しそうなイメージがある。でも、飼いたいから、おすすめの熱帯魚とかいたら教えてください。」

 

 

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容


1.熱帯魚の飼い方
1-1.熱帯魚を飼う前に揃えるもの
1-2.水槽の立ち上げ方法
1-3.おすすめの熱帯魚5選

2.飼っている熱帯魚が赤ちゃんを産んだ場合
2-1.水草を入れましょう(入れるべき理由)
2-2.水草の種類(効果などを解説)
2-3.水草の入れ方の例


 

 

 

この記事を書いている僕は、アクアリウム歴5年ほど。
また、小型魚から大型魚まで飼育経験あります。現在は、ミナミヌマエビとベタを飼育中です。

 

というわけで今回は、今までの熱帯魚の飼育経験をもとにして、「初心者向けの熱帯魚の飼い方」についてご紹介します。

 

とりあえず、魚は飼ったことあるけど、、、同じ飼い方でもいいのかな、と不安な方は。是非この記事をご覧ください。

 

■1.熱帯魚の飼い方

 

□1-1.熱帯魚を飼う前に揃えるもの

①水槽(ふた付き)★★★★★
②エアーポンプ★★★★★
③エアチューブ★★★★★
④ヒーター(サーモスタット付き)★★★★★
⑤濾過器★★★★★
⑥温度計★★★★★
⑦エサ★★★★★
⑧照明★★★★★
⑨パイロットフィッシュ★★★★★
(*向いている熱帯魚・アカヒレ・ネオンテトラ・カージナルテトラ・ゴールデンハニードワーフグラミー・ベタ)
⑩ソイル★★★★☆
⑪水草★★★★☆
⑫石★★★☆☆
⑬バクテリア剤★★★☆☆

熱帯魚を飼うにあたって必要なものは、上記のとおりです。
まず、当然ですが①~⑧までは必ず準備してください。

④は僕の経験上オートヒーターよりも故障しにくく、ヒーターとサーモスタットが別になっているため、
どちらかが壊れても壊れた機材を交換することで長く使用でき、ランニングコストが安くなるのでサーモスタットがついているものが良いです。

⑨を入れることにより生物ろ過を完成させることが出来ます。(⑬を入れる場合はあまり必要ではないと思います)

⑩⑪⑫は見栄えなどを重要視する場合などは、すべて必要になります。しかし、見栄えを重要視しない場合などは、
なくてもよいのですが人影などが熱帯魚たちのストレスになる場合もあるため入れることが出来れば入れたほうが良いです。

⑬は、立ち上げ時バクテリアを入れたほうが水質が安定しやすく熱帯魚に合った水が出来上がります。

 

□1-2.水槽の立ち上げ手順

今回は、①~⑬を用いて解説します。


1.まず、水槽のセッティングに①~⑧⑩~⑫を用いて自分好みの水槽にします。


2.カルキ抜きをした水に⑫も混ぜ入れその水を水槽に入れる。(ソイルなどを入れる場合は、舞い上がらないように発泡スチロールなど水に浮くものにゆっくりとポンプかバケツを用いて入れる)


3.ここで、⑨の水合わせを行い終わったら入れる。


4.その後数日間水槽の様子を見る。


5.水がきれいになってきたら、買ってきた熱帯魚の水合わせ等を行い入れる。


 

このような手順で行うと、死んでしまったりすることは少なくなると思います。
しかし僕の方法が、必ずしもご購入された熱帯魚にあってるとは限らないためショップの店員さんに聞いたりしてみてください。(ある程度の、熱帯魚はこの方法でも大丈夫だと思います)

 

□1-3.おすすめの熱帯魚5選

1.ゴールデンハニードワーフグラミー

ゴールデンハニードワーフグラミーは、水質の変化にも比較的強い種類になります。また、水草などを触覚で触る姿がとても愛らしく見てて癒されます。

 

 

2.ネオンテトラ


ネオンテトラは、1匹だと体も小さいため少し物足りなさを感じますが、10匹以上になると群れで移動しキラキラと光り魅了されます。

 

 

3.グラスキャット
グラスキャットは、頭部以外が透けている熱帯魚です。不思議な見た目をしているので、泳いでる姿は、見てて飽きません。

 

 

 

 

4.エンゼルフィッシュ
エンゼルフィッシュは、有名な熱帯魚なのでご存じの方も多いかもしれません。体長は最大で15㎝ほどで、少し大きめですが水槽に泳ぐ姿は愛らしいです。

 

 

 

5.グッピー
グッピーは、様々な色、形がありバリエーション豊かな種類なので自分好みのグッピーを探してみるのも楽しいかもしれません。

 

 

 

以上で、おすすめの熱帯魚は終わりです。様々な熱帯魚を見て自分が好きな種類を見つけてみてください!

■2.飼っている熱帯魚が赤ちゃんを産んだ場合

熱帯魚の中には繁殖を狙っていなくても、複数匹同じ水槽に入れてる場合は、勝手に増えてしまう個体などもいます。
そこで赤ちゃんを死なせないようにする方法をまとめました。

□2-1.水草を入れましょう(入れるべき理由)

水草を入れてない場合は、まず水草を入れてください。水草を入れることによって、バクテリアが発生します。
そのバクテリアが赤ちゃんのエサになったりして生存率を上げます。また、水草があることにより、大きな魚に追われた際の隠れ家ともなります。

では、どんな種類の水草が良いのでしょうか?

 

□2-2.水草の種類(効果などを解説)

アヌビアス・ナナ★★★☆☆
日陰でも育つ陰性植物です。隙間には、隠れられそうですがばれやすそうです。

カボンバ★★★★★
隠れ家としての認識が強いためおすすめ。しかし、メインで使うことが少ないので、見えない後ろのほうに置くのもいいかもしれません。

グリーンロタラ★★★★☆
レイアウトの定番といってもいいですが、いい状態を保つのが難しいです。しかし、隠れ家にはよさそうです。

マツモ★★★★★
アクアリウム初心者の方に優しい水草です。しかし、繁殖力が強いので増えすぎることがあります。隠れ家にはよさそうです。

 

□2-3.水草の入れ方の例

 

最後の最後で画像が見つからなかったので絵になってしまい申し訳ありません。

前に、アヌビアス・ナナと、グリーンロタラを置き、奥にマツモと、カボンバを置くと前から見てもよく良い隠れ家になるのではないかと思います。

というわけで、今回は以上です。

水草があることによって、外観がきれいになるのはもちろん赤ちゃんなどにも良い影響があるので是非入れてみてください。

 

 

-未分類
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【スマホユーザー必見】稼げる副業5選

スマホ等で稼ぎたい方へ。 「どんな方法があるか知りたい。あと、どのくらい稼げるのか教えてください。」       こういった疑問に答えます。 ✓本記事の内容 1.どのくら …

【初心者のための】ハムスターの飼い方

  ✓本記事の内容 1.飼育に必要なもの 1-1.健康なハムスターの選び方 2.飼育について 2-1.掃除 2-2.季節の管理 2-3.病気の見分け方   ■1.飼育に必要なもの …

【初心者必見】ヒョウモントカゲモドキの飼い方

ヒョウモントカゲモドキを飼いたい方へ。 「ヒョウモントカゲモドキを飼いたいけど、飼い方が分からない。あと、どこで販売されてるかも教えてください」       こういった疑 …

【誰でも簡単】アフィリエイトの始め方(準備編)

  アフィリエイトを始めたい方へ。 「アフィリエイトを始めてみたいたいけど何から始めたらいいか分からない。あと、アフィリエイトの広告の種類は何があるかも教えてください。」   &n …

【初心者のための】ウサギの飼い方

  ✓本記事の内容 1.飼育に必要なもの 1-1.健康なウサギの選び方 2.飼育について 2-1.ウサギをお迎えしたら 2-2.季節の管理 2-3.かかりやすい病気   ■1.飼育 …